ホームヘルパー資格ガイド - 試験の概要から求人情報まで

 

近年、高齢化がどんどん進む日本では、福祉に関する問題が大きくウエイトを占めていますよね。ここ数年で福祉施設の需要が伸びたり、介護サービスが拡大したり、それらの求人が増えたりしていると思います。その中でも特に現代社会に必要とされているのが、高齢者の生活をサポートするホームヘルパーという仕事です。それは具体的にはどういった仕事なのか、こちらで詳しくご紹介しています。

 

まずホームヘルパーは、お世話が必要な高齢者や心身に障害がある人に対して、日常生活を送ることが出来るようにサポートしていく人達の事を指します。それは、1989年に発足したゴールドプランという福祉公的サービスの中で誕生したものです。ちなみに、別名は「訪問介護員」と言いますが、ホームヘルパーとして広く知られているのが現状ですね。

 

それには1級、2級、3級とあって、年々受講者が増加しているくらい人気となっています。なので、現在では色々な所で取得が可能です。それは主に、公的機関と民間機関で受講が可能なんですが、中でも受講者が多いのは2級になりますね。様々な仕事現場で、2級取得が条件となっている所が多いようなので、2級取得を目指す方が増えている傾向にあります。なので、これから受講を考えているなら、2級以上がお勧めになります。

 

気になる求人状況については、様々なところが募集しているようですね。高齢者の住む家や老人福祉施設、シルバーセンター等、たくさんの場面で需要が大きくなっていますよ。都会だけでなく、比較的田舎の街でも必要とされている人材なので、現代の就職難の時代でも供給が追いつかないくらいなんです。ただし、労働条件が過酷だという声があり、定着率が低いというのが現実ですね。

 

それは、ホームヘルパーという仕事には向き不向きがあるからだと思います。お年寄り等とのコミュニケーション能力や、臨機応変な姿勢が不可欠なために、大変な仕事だというイメージがあるみたいですね。せっかく2級の講座を受講したとしても、その2級で得た知識を活用していない方もいるそうです。ですが、なんら難しい職業ではないんですよ。雇用形態が様々なので、ホームヘルパーを副業としている人もいるくらいなんです。

 

そこで、こちらでは誤解されがちな職業の中身についても、詳しく掲載していますよ。この職業は、多くの人を守るだけでなく、命そのものを支えていくという素晴らしい仕事です。「過酷」と表現されることが多く、現場の労働条件次第では大変かと思いますが、あなたにピッタリの雇用形態が見つかればやりがいある職業だと思います。

 

よって、まずは2級以上の講座を受講することから始めて、その資格をぜひとも活かしてホームヘルパーサービスの充実に貢献していきましょう。ホームヘルパーを必要としている人達はたくさんいますからね。それではごゆっくりご覧下さいませ…