ホームヘルパー資格ガイド - 試験の概要から求人情報までTOP > 基礎知識 > 現状について

現状について

 

介護の求人に関しては、他の分野の仕事と比較しても明らかに多いと思われます。

 

特に田舎の場合、求人に関しては介護の仕事が大半を占めているようですね。

そのくらい介護の人員が不足しているとも言えます。

 

ホームヘルパーに関しても当然当てはまります。

 

これに関しては、単純にこの仕事に人気がないというわけではなくて、もっと他に原因があると思います。

 

元々90年代において、ホームヘルパーの数は多くありませんでした。

 

90年代の中盤の段階になると、ホームヘルパーの人口はなんと!6万人程度になったと言われています。

 

その後、政府はゴールドプランの改変を行います。

 

その改変とは、ホームヘルパーの数を90年代末期までに17万人に増やすという政策です。

 

それを実施しました。

 

ただし、この見通しが甘かったようですね。

 

当時、既に高齢化社会が進行していたこともあってか、90年代末期には17万人のホームヘルパーでも、高齢者の人数を考慮すると全く足りなっかったんです。

 

このような背景もあって、介護の人員が圧倒的に不足する事態となってしまいました。

 

その後、新たにゴールドプラン21が生まれます。

 

その内容とは、5年以内にホームヘルパーの数を35万人に増やすという政策です。

 

それを政府が打ち出しますが、これも全く高齢者の人口に対して足りていないという状況になり、そして現在に至ります。

 

ホームヘルパーの数は今でも不足していますが、ホームヘルパーの数自体は順調に増えていますよ。

 

しかし、団塊の世代が高齢者となったこともあり、高齢者の数が爆発的に増加傾向にもあります。

 

それでも全く追いついていないのが現状です。

 

このようなことから、早急なホームヘルパーの増員が必要だと思いますが、なかなかそう簡単にはいかないようですね。

 

基礎知識記事一覧

ホームヘルパーとは?

日本は、いまや高齢化社会となった影響か、現在では介護の分野が非常に大きな注目を集めていますよね。その一方で、介護の仕事の需要に対して、なかなかこの仕事をしていこう考える人が...

誕生までの歴史

第三者による高齢者の介護という概念については、元々は存在していませんでした。ご存知ですか?昔の日本では、基本的には親の世話は子がするというのが一般的でしたよね。...

現状について

介護の求人に関しては、他の分野の仕事と比較しても明らかに多いと思われます。特に田舎の場合、求人に関しては介護の仕事が大半を占めているようですね。そのくらい介護の人員...

養成研修の概要について

別の記事で、1級から3級までのホームヘルパー養成研修についてご説明していますが、それらはいずれもその規定に従って実施されています。それぞれのカリキュラムに沿い、必要な課程を...

してはいけない事とは?

基本的に、ホームヘルパーという仕事は臨機応変な対応が重要だと言われています。要介護者は、常に心身が弱っている状態なので、そういった方たちのお世話をしていくのは決して簡単では...

トラブル対処法について

ある程度仕事の経験を積み、ホームヘルパーとして自立したという自覚が出来たときには、あらためて自分自身を見直す必要があると思います。どんな仕事においてもそうですよね。...