ホームヘルパー資格ガイド - 試験の概要から求人情報までTOP > 基礎知識 > 養成研修の概要について

養成研修の概要について

 

別の記事で、1級から3級までのホームヘルパー養成研修についてご説明していますが、それらはいずれもその規定に従って実施されています。

 

それぞれのカリキュラムに沿い、必要な課程を経て修了することで、ホームヘルパーとしての能力を身に付けていきます。

<養成研修について>
例えば、国が学校を作ってそこで講習を受けさせる、あるいは単独の企業が講習を行っているというわけではなく、国に認められた各機関がそれぞれに養成研修を行っています。

 

そして、そこには少なからず差異が生まれています。

 

基本的に、カリキュラムの内容に関してはそんなに差はないんですが、それ以外の面では機関ごとに多かれ少なかれ違いが出ているようです。

 

当然ですが、それぞれにメリット、デメリットがありますね。

 

そのホームヘルパーの養成研修を行っている機関は2つに分けられます。

 

1つは公的機関で、もう1つは民間機関になります。

 

<公的機関>
公的機関は、行政機関とも言われています。

 

主に自治体、社会福祉協議会、福祉公社といった団体です。

 

<民間機関>
ホームヘルパーの人材派遣を行っている会社等になります。

 

養成研修を受ける場合だと、2級なら130時間、1級なら230時間の時間拘束です。

 

通う日数が相当なものになるので、あまり家から遠く離れている場所で研修を受けた場合には、受講料以外にも相当な費用がかかってしまいます。

 

講習の開催場所に行く際は、車に乗っていく場合は公的な交通機関を利用したりする時には、当然交通費やガソリン代が必要となりますね。

 

そういった面を考えると、どの機関で研修を受けるかということをしっかりと確認して決める必要がありそうですね。

 

基礎知識記事一覧

ホームヘルパーとは?

日本は、いまや高齢化社会となった影響か、現在では介護の分野が非常に大きな注目を集めていますよね。その一方で、介護の仕事の需要に対して、なかなかこの仕事をしていこう考える人が...

誕生までの歴史

第三者による高齢者の介護という概念については、元々は存在していませんでした。ご存知ですか?昔の日本では、基本的には親の世話は子がするというのが一般的でしたよね。...

現状について

介護の求人に関しては、他の分野の仕事と比較しても明らかに多いと思われます。特に田舎の場合、求人に関しては介護の仕事が大半を占めているようですね。そのくらい介護の人員...

養成研修の概要について

別の記事で、1級から3級までのホームヘルパー養成研修についてご説明していますが、それらはいずれもその規定に従って実施されています。それぞれのカリキュラムに沿い、必要な課程を...

してはいけない事とは?

基本的に、ホームヘルパーという仕事は臨機応変な対応が重要だと言われています。要介護者は、常に心身が弱っている状態なので、そういった方たちのお世話をしていくのは決して簡単では...

トラブル対処法について

ある程度仕事の経験を積み、ホームヘルパーとして自立したという自覚が出来たときには、あらためて自分自身を見直す必要があると思います。どんな仕事においてもそうですよね。...