ホームヘルパー資格ガイド - 試験の概要から求人情報までTOP > 基礎知識 > してはいけない事とは?

してはいけない事とは?

 

基本的に、ホームヘルパーという仕事は臨機応変な対応が重要だと言われています。

 

要介護者は、常に心身が弱っている状態なので、そういった方たちのお世話をしていくのは決して簡単ではないと思います。

人それぞれに様々な要望があるので、それに対してしっかり応えていくことが求められます。

 

そのため、生活援助、身体介護といった仕事をしていく中で、やるべき事、やらなければならない事は非常に多いようですね。

 

その一方で、ホームヘルパーにはしてはいけないことがいくつかあります。

 

これは法律上の禁止事項でもあります。

 

どのようなサービスについても、過剰になりすぎたり双方の負担になりすぎないよう、法律で一定の縛りが設けられていますよね。

 

ホームヘルパーも例外ではありませんよ。

 

まず、ホームヘルパーは契約内容外の仕事をしてはいけないことになっています。

 

あなたは知っていましたか?

 

契約は、利用者と事業者の間で結ばれ、その際にホームヘルパーがすべき仕事も決まります。

 

その時に契約によって定められた業務は、当然行っていく事になります。

 

ですが、それ以外の項目に関しては、たとえ家族側からの要望があったとしても、あるいはホームヘルパー自身が必要と判断したとしても、それを行使することは禁止となっています。

 

これは、社会のルールなので仕方のないことですね。

 

例えば、契約を結んだ際に生活援助全般を行うとしたものの、身体介護に関しては契約を結んでいない場合には、身体介護は行えません。

 

食事を作ることは出来ても、それを食べさせることは禁止ということです。

 

もちろん、契約上それを可としていれば別ですが、そうでなければ不可となります。

 

その他には、医療的なケアも禁止事項になります。

 

例えば、以前は軟膏を塗る行為も医療的行為に該当するとみなされましたので、当然禁止されていました。

 

しかし、「さすがに融通が利かなすぎる!」という声があり、一部の医療行為に関しては許可が出るようになったそうです。

 

また、痰が喉に詰まって呼吸困難となった場合等の緊急時については、当然その措置が許可されています。

 

基礎知識記事一覧

ホームヘルパーとは?

日本は、いまや高齢化社会となった影響か、現在では介護の分野が非常に大きな注目を集めていますよね。その一方で、介護の仕事の需要に対して、なかなかこの仕事をしていこう考える人が...

誕生までの歴史

第三者による高齢者の介護という概念については、元々は存在していませんでした。ご存知ですか?昔の日本では、基本的には親の世話は子がするというのが一般的でしたよね。...

現状について

介護の求人に関しては、他の分野の仕事と比較しても明らかに多いと思われます。特に田舎の場合、求人に関しては介護の仕事が大半を占めているようですね。そのくらい介護の人員...

養成研修の概要について

別の記事で、1級から3級までのホームヘルパー養成研修についてご説明していますが、それらはいずれもその規定に従って実施されています。それぞれのカリキュラムに沿い、必要な課程を...

してはいけない事とは?

基本的に、ホームヘルパーという仕事は臨機応変な対応が重要だと言われています。要介護者は、常に心身が弱っている状態なので、そういった方たちのお世話をしていくのは決して簡単では...

トラブル対処法について

ある程度仕事の経験を積み、ホームヘルパーとして自立したという自覚が出来たときには、あらためて自分自身を見直す必要があると思います。どんな仕事においてもそうですよね。...