ホームヘルパー資格ガイド - 試験の概要から求人情報までTOP > 基礎知識 > トラブル対処法について

トラブル対処法について

 

ある程度仕事の経験を積み、ホームヘルパーとして自立したという自覚が出来たときには、あらためて自分自身を見直す必要があると思います。

 

どんな仕事においてもそうですよね。

それは何故かと言うと、そういう時期が一番ミスをしやすいからです。

 

どんな仕事においても、何事においてもそうですね。

 

特にホームヘルパーの仕事は、人とかなり深い繋がりをもって接する仕事になるので、常に自分の行動がどういう影響を相手に与えているかをチェックしなくてはいけません。

 

普段の人と人との関係においても、単純ではないですよね。

 

なかなか信頼を築けないこともあれば、心が通ったからこそ起こる問題もあると思います。

 

このとき、当然ですがやはり重要なのはトラブルを起こさない事です。

 

しかし、それよりも更に重要なことは、トラブルを起こした際の対処法になります。

 

ホームヘルパーという仕事は、トラブルが起こりやすいものでもあります。

 

どれだけ用心していても、何かしらの問題が起こってしまう仕事なんです。

 

例えば、「移動中に転倒させてしまうような事故」「入浴中に足を滑らせるような事故」などがあります。

 

このような事故が起きた場合には、まずはすぐに状態をチェックして下さい。

 

このとき、怪我がある場合にはその程度を目視によって確認しましょう。

 

それから、痛がり方などから判断して応急処置を行ったあとは、救急車を呼ぶか否かを判断しましょう。

 

誤って物を壊した場合に関しては、在宅福祉サービス総合補償保険という保険からお金が下りるようなので、上司に連絡して速やかに対応してもらうようにすると良いですよ。

 

責任を追及されたり、責められたくないあまりにごまかすことは、絶対にしてはいけませんよ。

 

会社の信用、あなたの信用問題にもなりますからね。

 

また、ホームヘルパーは常に利用者との関係に気を配る必要があるので、もしも一方的に理不尽な怒りをぶつけられたとしても、決して高慢な態度をとったり悪態などをついたりしないようにして下さいね。

 

根気強くサービスに徹する事がホームヘルパーの仕事でもあり、それが大切だからです。

 

基礎知識記事一覧

ホームヘルパーとは?

日本は、いまや高齢化社会となった影響か、現在では介護の分野が非常に大きな注目を集めていますよね。その一方で、介護の仕事の需要に対して、なかなかこの仕事をしていこう考える人が...

誕生までの歴史

第三者による高齢者の介護という概念については、元々は存在していませんでした。ご存知ですか?昔の日本では、基本的には親の世話は子がするというのが一般的でしたよね。...

現状について

介護の求人に関しては、他の分野の仕事と比較しても明らかに多いと思われます。特に田舎の場合、求人に関しては介護の仕事が大半を占めているようですね。そのくらい介護の人員...

養成研修の概要について

別の記事で、1級から3級までのホームヘルパー養成研修についてご説明していますが、それらはいずれもその規定に従って実施されています。それぞれのカリキュラムに沿い、必要な課程を...

してはいけない事とは?

基本的に、ホームヘルパーという仕事は臨機応変な対応が重要だと言われています。要介護者は、常に心身が弱っている状態なので、そういった方たちのお世話をしていくのは決して簡単では...

トラブル対処法について

ある程度仕事の経験を積み、ホームヘルパーとして自立したという自覚が出来たときには、あらためて自分自身を見直す必要があると思います。どんな仕事においてもそうですよね。...