ホームヘルパー資格ガイド - 試験の概要から求人情報までTOP > サービスについて > 介護の心がけについて

介護の心がけについて

 

介護を行う際には、色々な注意点があります。

 

食事にしてもそうでが、入浴、排泄の支援にしてもそうです。

あるいは家事全般にしてもそうですね。

 

このように、それぞれの項目によって留意すべき点があります。

 

ですが、それら全てよりも優先されるべき問題は、相手の自尊心を傷つけないことです。

 

そして、自立心をないがしろにしないという点になります。

 

ホームヘルパーは、あくまでもサービス利用者を支援する仕事です。

 

それはつまり、要介護者、障害者、高齢者といった方々の自立を支援するという事です。

 

ですから、あくまでも相手が自立する気持ちを尊重すべきだし、促すべきですね。

 

例えば、普段介助をしているいずれかの作業に対して「自分でやる」と言われた場合には、それが危険かどうかを判断する必要はあります。

 

しかし、仮に危険だと判断した場合についても、完全否定をすることはあまり良くないですね。

 

その時には、一人で行うことの危険性を説明する必要があります。

 

「どの段階まで回復すればその行動をしても良いか」ということを話せば、我を張らずに分かってもらえる確率は高くなると思いますよ。

 

そのため、ホームヘルパーにはしっかりと筋道を立て説明が出来るスキルが求められます。

 

それが、相手の自尊心を傷つけないことに繋がりますからね。

 

「家事全般などの生活援助を行うとき」「出来るだけ自分が作業をしているとき」については、誰かの目に触れるようにしておくか、いつでも現状をしっかりと確認できるようにしておくことが大切になります。

 

ホームヘルパーと言っても、あくまでも他人ですからね。

 

密室状態で介護をしていると、「もしも何かが無くなった!」などという事があった場合に、真っ先に疑われる事になりかねないですからね。

 

どれだけ親密な関係を築けても、思わぬ火の粉が降りかかることのないように注意して下さいね。

 

サービスについて記事一覧

訪問型サービスについて

ホームヘルパーの仕事をする場合は、その仕事の内容もさる事ながら、どのような形でヘルプすべき対象者の方と接するか、という点でも区分けがされます。基本的には、通所型、入所型、訪...

通所型サービスについて

訪問型のサービスについては、ホームヘルパーが利用者の家を訪問するタイプの介護サービスです。それに対して通所型は、施設に利用者が通う形になります。ですから、ホームヘル...

短期入所型サービスについて

こちらでは、短期入所型サービスについて少しですがご説明しますね。ぜひ参考にしてみて下さい。<短期入所型サービス(1)>ショートステイとも呼ばれているのが、この介...

巡回型のサービスについて

離島で多く見かける介護の形がありますが、何か分かりますか?それは、巡回型ホームヘルプサービスです。そこで今回は、この巡回型ホームヘルプサービスの説明をするので、ぜひ...

介護の心がけについて

介護を行う際には、色々な注意点があります。食事にしてもそうでが、入浴、排泄の支援にしてもそうです。あるいは家事全般にしてもそうですね。このように、それぞれの...

訪問介護の心がけについて

ホームヘルパーの試験や講習を経て晴れてホームヘルパーになれたら、その時点で即戦力として働く事が出来ます。それが一般的となっています。既に研修は終えていて、実践もある...