ホームヘルパー資格ガイド - 試験の概要から求人情報までTOP > サービスについて > 訪問介護の心がけについて

訪問介護の心がけについて

 

ホームヘルパーの試験や講習を経て晴れてホームヘルパーになれたら、その時点で即戦力として働く事が出来ます。

 

それが一般的となっています。

既に研修は終えていて、実践もある程度経験している場合には、そこから更に演習を行なうという事はありません。

 

ですから、ホームヘルパーとして雇用されたら、その時点で既にプロとしての自覚も持たなくてはならないということになりますね。

 

サービスを受ける要介護者は、相手がベテランだろうが新人だろうが関係ないからです。

 

よって、ホームヘルパーとして常に最高のサービスを提供できなくてはいけません。

 

そうしないと、雇用してくれた事業所の信用にも関わってきますよ。

 

なのでまずは、訪問介護の際の心がけをしっかりと学んでおきましょう。

 

訪問の際は、第一印象で嫌悪感を抱かれないように気をつけて、必ず温和な表情で挨拶をするように心掛けましょう。

 

※時間は余裕を持って、15分ほど前に行くのがマナーです。
 挨拶は丁寧にしっかりとしましょう。
 (家族全員に対してするようにします)
 緊張している事が伝わらないようにしましょう。
 (しっかりと対応しましょう)

 

介護の世話をする本人と対面したら、まずは当然挨拶をしますよね。

 

それと同時に、相手の顔色や表情などを必ずチェックするようにしましょう。

 

ホームヘルパーは、サービスを行う相手が現在どのような状態で、どういった精神状況なのかということを把握します。

 

それが分からないと、相手がどうして欲しいのかということも分からないからです。

 

※ただし、値踏みするような見方は控えて下さい。

 

ホームヘルパーの仕事において、最も重要となるのは信頼関係になります。

 

どんな仕事でもそうですが....。

 

それを損なうような行動だけは禁忌だということです。

 

その辺をしっかりと頭に入れておきましょうね。

 

サービスについて記事一覧

訪問型サービスについて

ホームヘルパーの仕事をする場合は、その仕事の内容もさる事ながら、どのような形でヘルプすべき対象者の方と接するか、という点でも区分けがされます。基本的には、通所型、入所型、訪...

通所型サービスについて

訪問型のサービスについては、ホームヘルパーが利用者の家を訪問するタイプの介護サービスです。それに対して通所型は、施設に利用者が通う形になります。ですから、ホームヘル...

短期入所型サービスについて

こちらでは、短期入所型サービスについて少しですがご説明しますね。ぜひ参考にしてみて下さい。<短期入所型サービス(1)>ショートステイとも呼ばれているのが、この介...

巡回型のサービスについて

離島で多く見かける介護の形がありますが、何か分かりますか?それは、巡回型ホームヘルプサービスです。そこで今回は、この巡回型ホームヘルプサービスの説明をするので、ぜひ...

介護の心がけについて

介護を行う際には、色々な注意点があります。食事にしてもそうでが、入浴、排泄の支援にしてもそうです。あるいは家事全般にしてもそうですね。このように、それぞれの...

訪問介護の心がけについて

ホームヘルパーの試験や講習を経て晴れてホームヘルパーになれたら、その時点で即戦力として働く事が出来ます。それが一般的となっています。既に研修は終えていて、実践もある...