ホームヘルパー資格ガイド - 試験の概要から求人情報までTOP > 資格取得について > 3級の内容について

3級の内容について

 

1級〜3級に分かれているホームヘルパーの養成研修についてまず最初に取得するのは、当然3級もしくは2級となります。

 

当たり前の事ですが、最も取得が簡単なのは3級になります。

では、まずこれから見ていきましょう。

 

3級のホームヘルパー養成研修は入門研修とも呼ばれています。

 

ご存知ですか?

 

そのため、基礎というよりはホームヘルパーのさわりのような内容となっています。

 

ホームヘルパーはどんな事が出来るのか、どういう仕事をするのかなど、初歩的なことを3級の養成研修で学ぶことになります。

 

※ホームヘルパー3級の受験資格は特にありません。
 講習は、講義が25時間となっています。
 演習は17時間となっています。
 実習が8時間となっています。
 合計50時間となります。

 

講義はいわゆる座学です。

 

学校の勉強と同じような形で学ぶことになります。

 

演習は、同じ研修生同士でお互いを要介護者に見立て、実際に介護を行ってみるというものです。

 

いわば実践練習ですね。

 

そして、実習は在宅サービスを行っている実際の現場を見学します。

 

このような内容となっています。

 

入門編というだけあって、ホームヘルパー3級の研修は、本当にさわりだけの部分を学ぶという感じですね。

 

そんな事もあってか、基本的には仕事に必要な技術を学ぶには十分な養成研修とは言えません。

 

どちらかと言うと、仕事にするためというより、各家庭で自分達の親や親類などを介護するための知識を学ぶ研修といった感じですね。

 

実際に3級を持っていたとしても、仕事が出来るということはまずありません。

 

それは何故かと言うと、3級ヘルパーには介護報酬を受け取る権利がないからです。

 

ですから、仕事をするにはホームヘルパーの2級の資格が必要となります。

 

よって、出来るなら2級から受けるようにしましょう。

 

資格取得について記事一覧

資格について

ホームヘルパーというお仕事をするにあたって、資格を取得する必要があるということは多くの人が知っていると思います。一般的に介護というものは、あくまでも身内に対して行うものなの...

1級の内容について

人生設計においてホームヘルパーを一生の仕事として選んだ人は、迷うことなく1級の養成研修を受けて修了を目指すことをお勧めします。ホームヘルパー1級を取得するということは、ホー...

2級の内容について

ホームヘルパーの養成研修については、3級が一番下になります。しかし、この3級の資格では報酬を得る権利がありません。そのことから、ホームヘルパーとして働く意欲がある場...

3級の内容について

1級〜3級に分かれているホームヘルパーの養成研修についてまず最初に取得するのは、当然3級もしくは2級となります。当たり前の事ですが、最も取得が簡単なのは3級になります。...

公的機関での養成研修

公的な機関、行政機関ホームヘルパーの養成研修を受ける場合には、費用面で非常に大きなメリットがあるということをご存知ですか?これらの機関でホームヘルパーの養成研修を受けた場合...

民間機関での養成研修

民間主催のホームヘルパー養成研修が行われる機関については、主に介護サービス事業者になります。あるいは専門学校などですね。そこでは公的機関と違って、基本的に通信教育の...

教育訓練給付について

ホームヘルパーの仕事をしていく場合には、公的機関、あるいは民間の機関のどちらかの形で研修を受けるかが重要になります。それを決めるには、まず自分がどういう環境で将来どうしたい...