ホームヘルパー資格ガイド - 試験の概要から求人情報までTOP > 資格取得について > 教育訓練給付について

教育訓練給付について

 

ホームヘルパーの仕事をしていく場合には、公的機関、あるいは民間の機関のどちらかの形で研修を受けるかが重要になります。

 

それを決めるには、まず自分がどういう環境で将来どうしたいのかという事を、しっかりと検討しておく必要がありますよ。

その辺は重要項目になります。

 

研修後にすぐに働きたいという人の場合は、公的機関の研修を利用することをお勧めします。

 

公的機関で講習を受けた場合は、修了後そのままその機関で働ける可能性が高いようなので、仕事場を見つける手間が省けますよ。

 

その一方、仕事を持っていたり、家庭があったり、育児をしていたりする人の場合は、日中なかなか時間が取れないと思います。

 

この場合は、民間機関の養成研修を受けることをお勧めします。

 

時間的な融通がきかない人は、公的機関のホームヘルパー研修では受講時間の確保が難しいですからね。

 

ただし、民間機関の研修を受ける場合には、安くても7万〜8万円、高い所では10万円以上の研修費用が掛かってくるので、その辺を頭に入れておきましょう。

 

このお金を捻出できなければ、公的機関を選択せざるを得なくなりますからね。

 

費用を捻出できても、その後の生活に支障が出る恐れがある人は、公的機関の研修を受けるようにしましょう。

 

どうしても時間が取れないとなると、八方塞がりになってしまいますよ。

 

そこで、そんな時に利用したいのが「教育訓練給付」と呼ばれる給付金制度になります。

 

<教育訓練給付を受ける条件>
・厚生労働省が認定している講座を修了すること
・雇用保険の被保険者期間が3年以上であること
・離職期間が1年以内であること
・本人確認の証明書を持っていること

 

上で挙げた条件を満たせば、研修修了後に受講費用の2割が還付される制度になっています。

 

ホームヘルパーになりたい人は、教育訓練給付制度も踏まえた上で慎重に研修を受ける機関を選んで下さいね。

 

資格取得について記事一覧

資格について

ホームヘルパーというお仕事をするにあたって、資格を取得する必要があるということは多くの人が知っていると思います。一般的に介護というものは、あくまでも身内に対して行うものなの...

1級の内容について

人生設計においてホームヘルパーを一生の仕事として選んだ人は、迷うことなく1級の養成研修を受けて修了を目指すことをお勧めします。ホームヘルパー1級を取得するということは、ホー...

2級の内容について

ホームヘルパーの養成研修については、3級が一番下になります。しかし、この3級の資格では報酬を得る権利がありません。そのことから、ホームヘルパーとして働く意欲がある場...

3級の内容について

1級〜3級に分かれているホームヘルパーの養成研修についてまず最初に取得するのは、当然3級もしくは2級となります。当たり前の事ですが、最も取得が簡単なのは3級になります。...

公的機関での養成研修

公的な機関、行政機関ホームヘルパーの養成研修を受ける場合には、費用面で非常に大きなメリットがあるということをご存知ですか?これらの機関でホームヘルパーの養成研修を受けた場合...

民間機関での養成研修

民間主催のホームヘルパー養成研修が行われる機関については、主に介護サービス事業者になります。あるいは専門学校などですね。そこでは公的機関と違って、基本的に通信教育の...

教育訓練給付について

ホームヘルパーの仕事をしていく場合には、公的機関、あるいは民間の機関のどちらかの形で研修を受けるかが重要になります。それを決めるには、まず自分がどういう環境で将来どうしたい...