ホームヘルパー資格ガイド - 試験の概要から求人情報までTOP > 気になる求人 > 公務員として働く

公務員として働く

 

どんな職場で働くかについては、ホームヘルパーとして働いていく上でとても重要なことですよね。

 

同じホームヘルパーと言われる仕事でも、どこで働くかによって稼働時間も収入もまったく異なってくるからです。

あなたはご存知ですか?

 

そのため、「ヘルパーの仕事をするには変わりないのだからどこでも同じ」とは思わないようにしましょう。

 

さて、ホームヘルパーとして働く人の多くが望んでいる職場と言えば、何だと思いますか?

 

それは、公務員のホームヘルパーです。

 

公務員としてホームヘルパーの仕事に就く場合には、市町村などの自治体職員として雇用される必要があります。

 

昔は、行政主導の介護サービスが主流だったこともあり、多くの人が公務員として雇用されたんですが、現在は自治体の財政の問題もあって、民間への委託が進んでいるのが現状です。

 

そのようなこともあってか、公務員としてホームヘルパーの仕事をする人は、段々と少なくなっているようですね。

 

<メリットについて>
やはり当然ながら安定している事ですね。

 

これは他の公務員と同様です。

 

解雇される心配、または倒産してしまうというリスクを感じることがないので、仕事に集中できますね。

 

非常に仕事がしやすい環境だと思います。

 

基本的には、勤務時間も9〜17時の範囲になります。

 

また、土日の週末は休みとなります。

 

年収は、350〜400万円が支給されるのが一般的な相場です。

 

公務員ならではの各種保険も充実しているし、退職金の確保もしっかりしています。

 

そのため、将来の設計をしやすい点も魅力の一つになりますね。

 

もちろん近年の社会情勢から考えると、公務員になるのは難しくなってきています。

 

よって、競争はかなり激しいようですね。

 

※1級の研修課程終了が必要です。
 あるいは介護福祉士の資格は必須と言えます。

 

気になる求人記事一覧

公務員として働く

どんな職場で働くかについては、ホームヘルパーとして働いていく上でとても重要なことですよね。同じホームヘルパーと言われる仕事でも、どこで働くかによって稼働時間も収入もまったく...

正社員として働く

民間企業に雇用されたホームヘルパーが目標としているものは、まず正社員といったポジションではないでしょうか。介護福祉の仕事に一生携わっていくという覚悟であれば、当然正社員を目...

雇用過程について

ホームヘルパーとしてどこかの機関、施設に雇用されるには、単に研修課程を修了しただけや、資格を持っているだけで大丈夫という事ではダメですよ。まずは、自分の希望する機関へ申請を...

常勤・非常勤の違い

ホームヘルパーの中には常勤ヘルパーがあります。また、非常勤ヘルパーといった業務形態もありますが、ご存知ですか?<常勤ヘルパーについて>簡単に言うと、学校の常任講...

登録型について

近年、増えてきている勤務形態は登録型のホームヘルパーになります。分かりやすく言い換えると、ホームヘルパーの派遣といったところでしょうか。介護サービスを提供する事業所...

必要な素質とは?

今の日本は、高齢化社会の真っ只中にいると言っても良いでしょう。そして、必要なホームヘルパーの数もずっと不足し続けています。この理由は何なのでしょうか。その原...