ホームヘルパー資格ガイド - 試験の概要から求人情報までTOP > 気になる求人 > 正社員として働く

正社員として働く

 

民間企業に雇用されたホームヘルパーが目標としているものは、まず正社員といったポジションではないでしょうか。

 

介護福祉の仕事に一生携わっていくという覚悟であれば、当然正社員を目指していると思います。

そこで今回は、ホームヘルパーとして正社員になるメリットについてご紹介しますね。

 

まず、正社員のメリットについては、当然その雇用条件になります。

 

やはり正社員になる事によって、安定することではないでしょうか。

 

正社員かそうでないかということは、リストラ対象の選別に大きな影響があります。

 

安心して生活していきたいのなら、正社員として仕事に就いた方が良いというのは言うまでもないですね。

 

正社員とそうでない場合とでは、収入面でもかなり違ってきます。

 

正社員ならばボーナスも出ます。
※会社によります。

 

また、将来的には管理職やコーディネーターといった責任職に就く事も出来るので、さらなるステップアップを図ることも出来ます。

 

その分、競争は激しくなりますが…。

 

そんな正社員になる為の条件としては、1級ホームヘルパーであること、介護福祉士の資格を持つことなどが必須となってきます。

 

正社員としてホームヘルパーの仕事に就く場合は、民間であっても基本的な勤務時間は公務員と変わりません。

 

ですが、状況によっては開始、終了の時間が数十分ほど違ってくることもあります。

 

また、もう一つ公務員と違う点については残業や夜勤があることですね。

 

あとは休日出勤がある点もそうです。

 

月収は20万円前後になります。

 

それに加えてボーナスや残業手当がもらえます。

 

公務員と収入はそれほど変わらないようですね。

 

それから、年齢やキャリアによっては収入が30万円くらいまで上がる事もありますよ。

 

上を目指すという意味では、最も良い境遇だと思いませんか?

 

正社員になるには、まず上を目指せる資格を取得しましょう。

 

その後に、正社員を募集しているところを見つけて下さいね。

 

当然ですが、資格がある人が応募した方が断然有利になりますからね。

 

ぜひ資格取得を頑張ってみてはいかがでしょうか。

 

気になる求人記事一覧

公務員として働く

どんな職場で働くかについては、ホームヘルパーとして働いていく上でとても重要なことですよね。同じホームヘルパーと言われる仕事でも、どこで働くかによって稼働時間も収入もまったく...

正社員として働く

民間企業に雇用されたホームヘルパーが目標としているものは、まず正社員といったポジションではないでしょうか。介護福祉の仕事に一生携わっていくという覚悟であれば、当然正社員を目...

雇用過程について

ホームヘルパーとしてどこかの機関、施設に雇用されるには、単に研修課程を修了しただけや、資格を持っているだけで大丈夫という事ではダメですよ。まずは、自分の希望する機関へ申請を...

常勤・非常勤の違い

ホームヘルパーの中には常勤ヘルパーがあります。また、非常勤ヘルパーといった業務形態もありますが、ご存知ですか?<常勤ヘルパーについて>簡単に言うと、学校の常任講...

登録型について

近年、増えてきている勤務形態は登録型のホームヘルパーになります。分かりやすく言い換えると、ホームヘルパーの派遣といったところでしょうか。介護サービスを提供する事業所...

必要な素質とは?

今の日本は、高齢化社会の真っ只中にいると言っても良いでしょう。そして、必要なホームヘルパーの数もずっと不足し続けています。この理由は何なのでしょうか。その原...