ホームヘルパー資格ガイド - 試験の概要から求人情報までTOP > 気になる求人 > 雇用過程について

雇用過程について

 

ホームヘルパーとしてどこかの機関、施設に雇用されるには、単に研修課程を修了しただけや、資格を持っているだけで大丈夫という事ではダメですよ。

 

まずは、自分の希望する機関へ申請を行います。

そして、試験を受けて合格することが必要になります。

 

当然ですが、ホームヘルパーにも試験というものがあるんですよ。

 

ホームヘルパーの試験は、筆記試験と面接があります。

 

通常の就職試験と同じですね。

 

ですから、通常の就職試験と同じように緊張感を持って挑む必要があります。

 

当然、自分が就職を希望する機関に履歴書を持って行き、そこで試験に臨むようになります。

 

これは、他の職業でもあるごくありふれた光景ですね。

 

とは言っても、そこにはやはりホームヘルパーならではの要素も存在します。

 

筆記試験については、基本的にホームヘルパーの研修課程において学んだ福祉の基礎知識などが出題されますが、一般常識を問われる問題も当然出てきますね。

 

一般常識がなければ勤まりませんからね。

 

ホームヘルパーは人と接する仕事なので、これに関してはそんなに難しく考える必要はないと思います。

 

普通に答えれば大丈夫です。

 

問題なくパスできると思いますよ。

 

筆記試験が苦手だという人の場合には、事前に過去問などを利用して何度も練習しておくことをお勧めします。

 

面接については、ホームヘルパーになりたい動機、働く上での自分の心構え、信念、考え方などといったことをしっかりと整理しておきましょう。

 

それから臨むようにすると良いですね。

 

介護をする相手に不安を与える要素のある人物でないかを見極めるので、話す内容以外にも礼儀作法、態度、話し方、表情なども見られますよ。

 

十分に注意しましょう。

 

これについては、社会人としての常識的なマナーをわきまえていれば大丈夫です。

 

難しい事ではありませんね。

 

ですが、こちらも念入りに練習しておくことをお勧めします。

 

気になる求人記事一覧

公務員として働く

どんな職場で働くかについては、ホームヘルパーとして働いていく上でとても重要なことですよね。同じホームヘルパーと言われる仕事でも、どこで働くかによって稼働時間も収入もまったく...

正社員として働く

民間企業に雇用されたホームヘルパーが目標としているものは、まず正社員といったポジションではないでしょうか。介護福祉の仕事に一生携わっていくという覚悟であれば、当然正社員を目...

雇用過程について

ホームヘルパーとしてどこかの機関、施設に雇用されるには、単に研修課程を修了しただけや、資格を持っているだけで大丈夫という事ではダメですよ。まずは、自分の希望する機関へ申請を...

常勤・非常勤の違い

ホームヘルパーの中には常勤ヘルパーがあります。また、非常勤ヘルパーといった業務形態もありますが、ご存知ですか?<常勤ヘルパーについて>簡単に言うと、学校の常任講...

登録型について

近年、増えてきている勤務形態は登録型のホームヘルパーになります。分かりやすく言い換えると、ホームヘルパーの派遣といったところでしょうか。介護サービスを提供する事業所...

必要な素質とは?

今の日本は、高齢化社会の真っ只中にいると言っても良いでしょう。そして、必要なホームヘルパーの数もずっと不足し続けています。この理由は何なのでしょうか。その原...