ホームヘルパー資格ガイド - 試験の概要から求人情報までTOP > 気になる求人 > 登録型について

登録型について

 

近年、増えてきている勤務形態は登録型のホームヘルパーになります。

 

分かりやすく言い換えると、ホームヘルパーの派遣といったところでしょうか。

介護サービスを提供する事業所にホームヘルパーとして登録しておくことで、仕事先が決まった時に事業所から連絡が入ります。

 

そして、仕事をするというシステムになります。

 

派遣になるという事で、仕事先が決まるかどうかは登録する事業所次第になるとも言えます。

 

よって、登録型ホームヘルパーは待遇の面では決して良いとは言えませんね。

 

この待遇に関しては、近年の派遣に対しての社会の扱いと同じになります。

 

あまり良い扱いを受けない程度なら良いですが、露骨に下に見られることもあります。

 

ただし、良い事業所を見つければ問題はないと思いますね。

 

その点さえクリアすれば、登録型ホームヘルパーは決して働きにくい就業環境ではないと思いますよ。

 

ホームヘルパーの場合だと、会社で多くの人と一緒に働くということはなく、基本的には個人宅を訪問する訪問介護になります。

 

そこで介護を行うので、人間関係で悩むということがほとんど無いといったメリットがありますね。

 

そのため、現在主婦層を中心に人気となっている業務形態とも言えます。

 

ちなみに、登録先となる事業所は民間が主です。

 

しかし、その中には自治体や社会福祉協議会が行っていることもあります。

 

また、家政婦紹介所がホームヘルパーの登録を行っている場合もあります。

 

勤務時間については、非常勤ホームヘルパーとほとんど同じになります。

 

※だいたい週に3日〜4日です。
 1日3時間〜4時間の業務です。

 

時給は、介護者の状態や自身のキャリアによって大きく変わってきます。

 

※だいたい時給900円くらいです。
 1,500円以上ということもあります。

 

気になる求人記事一覧

公務員として働く

どんな職場で働くかについては、ホームヘルパーとして働いていく上でとても重要なことですよね。同じホームヘルパーと言われる仕事でも、どこで働くかによって稼働時間も収入もまったく...

正社員として働く

民間企業に雇用されたホームヘルパーが目標としているものは、まず正社員といったポジションではないでしょうか。介護福祉の仕事に一生携わっていくという覚悟であれば、当然正社員を目...

雇用過程について

ホームヘルパーとしてどこかの機関、施設に雇用されるには、単に研修課程を修了しただけや、資格を持っているだけで大丈夫という事ではダメですよ。まずは、自分の希望する機関へ申請を...

常勤・非常勤の違い

ホームヘルパーの中には常勤ヘルパーがあります。また、非常勤ヘルパーといった業務形態もありますが、ご存知ですか?<常勤ヘルパーについて>簡単に言うと、学校の常任講...

登録型について

近年、増えてきている勤務形態は登録型のホームヘルパーになります。分かりやすく言い換えると、ホームヘルパーの派遣といったところでしょうか。介護サービスを提供する事業所...

必要な素質とは?

今の日本は、高齢化社会の真っ只中にいると言っても良いでしょう。そして、必要なホームヘルパーの数もずっと不足し続けています。この理由は何なのでしょうか。その原...